石とともに80余年・・・ 熊本県上天草市の石材店-天草石匠会 加盟店
天草石材工業 電話番号 メールフォームでの お問い合わせはこちら
HOME 会社概要 お墓ができるまで 製品案内 お問い合わせ

 


「いいね」お待ちしております!

天草石材工業  公式facebookページ

フォロワー募集中!

 
天草石匠会
HOME»  ブログ記事一覧»  熊本地震

熊本地震

  • 件 (全件)
  • 1

熊本地震における、被災鳥居・祠の修繕工事 ~熊本市~

熊本市にて、熊本地震における被災鳥居・祠の修繕工事をさせて頂きました。

【倒壊した神社の祠と、倒壊破損した鳥居の額】









倒壊した祠ですが、まずは、全ての石材・積石を解体して地盤固め・基礎工事を行います。





積石内部は、割石と玉石と土を敷き詰めてあり、1段解いては手作業で掘起こして取り除きを繰り返して、全ての積石を解体。
解体した積石は、また元の状態に積み上げる為、全ての石にナンバリングして管理します。



地盤の締固め後、基礎鉄筋コンクリート工事を行い、1段目を慎重に合端を一つづつ合わせながら据え付けていきます。
既存の修復復旧工事ですので、「元に戻す」作業は新規工事と違い、思いのほかはかどりません。(^_^;)



1段目据付け後、ベースの基礎コンクリートと積石下部を覆うように、土間コンクリートを打設。
強度も上がり、見た目も綺麗に仕上がります。



2段目以降も同じように慎重に据え付けていきます。





最上段まで積み上げ、上部4辺が凸凹でしたので、これを水平に削り出して綺麗に整えます。
多量の汗と、ドス黒い粉塵で、全身大変な事に!(*_*;





石積み作業が完了し、祠本体を組立据付けていきます。



と、ここで問題発覚!

扉を支える既存の石材の穴が、経年劣化によってボロボロになっていました。
当初の確認不足でもあり、ご迷惑をお掛けしましたが、急遽新たに作り直す事になりました。

在庫の同種石材(凝灰岩)を使用して、工場での加工。



加工が仕上がり、早速再度持ち込んで作業再開。



何とか微調整をしながら、既存の扉を取り付けて完成!
耐震金具も埋め込んで補強。



根気よく手間の掛かるセメント目地での仕上げも終わり、ようやく全ての工事が完了しました。







倒壊して破損した鳥居額の修復工事









こちらは、奇跡的に額以外の箇所に大きな破損はなく、額石のみの交換取り付けでした。
目地部分も綺麗に仕上げて完了。



当初の予定よりも工事が長引いてしまいましたが、何とか納期であった秋の祭事にも間に合い一安心です。

震災修復工事は、、、まだまだ続きます。
 

2016-10-05 13:15:25

コメント(0)

熊本地震における、被災墓石の修繕工事 ~熊本市~

熊本市にて、熊本地震における被災墓石の修繕工事をさせて頂きました。

墓石廻りが、幸い土でしたので、倒れた墓石も比較的軽微な損傷でした。

手摺り石が1本粉砕状態でしたので、こちらはお施主様のご意向で撤去し、他は出来るかぎりの補修とさせて頂きました。

内部の納骨室も棚がズレ落ち、骨壺も数個割れてしまっていましたので、散らばってしまったお骨を綺麗に拾い上げ、新たに骨壺と棚石を取替えて、内部の清掃まで行いました。
割れてしまった骨壺のご用意もできますので、ご遠慮なくお申し付けください。


墓石の上部に、大きな木の枝が差し掛かっていましたので、震災とは関係ありませんが伐採してスッキリさせました。

※施工後の写真なし

背面↓



2016-09-19 09:38:09

コメント(0)

熊本地震における、被災墓石の修繕工事 ~熊本市~

熊本市にて、熊本地震における被災墓石の修繕工事をさせて頂きました。

最上部の仏石・墓誌が倒れ落ちていました。

既に、境界ブロックの補修はされており、その際に仏石は補修業者さんが墓上に乗せ上げられたのだと思います。

クレーン車が横付けできる墓所でしたので、比較的早急に復旧作業ができました。

接着面の清掃も兼ねて、外面の目立つ水あかも出来るかぎり除去して施工前の状態よりも少しでも綺麗に仕上げました。

※施工後の写真なし(>_<)

2016-09-19 09:15:04

コメント(0)

熊本地震における、被災墓石の修繕工事 ~熊本市~

熊本市にて、熊本地震における被災墓石の修繕工事をさせて頂きました。

大きな天板石が、地震によって動いていました。

施工後の写真がありませんが、扉周りの石材を新規に取替えて耐震ボンドと耐震金具で強力に施工しました。



2016-09-18 22:44:02

コメント(0)

熊本地震における、被災鳥居の修繕工事 ~上天草市~

上天草市にて熊本地震における、被災鳥居の修繕工事をさせて頂きました。

老朽化した鳥居は、笠石・額石などの継ぎ目がほぼ離脱しており、石材同士の固着力はもともと無いに等しい状態でした。

その為、強い揺れが起きてしまうと予想のできない倒壊が起こる危険があります。

今回の石鳥居は、上部の笠石が揺れによって回転し、額石が落ちてしまい破損していました。

破損して粉砕してしまった額石は、新規に製作し取付・補修しました。

柱石には、地震以前からと思われるヒビが大きく入っているため、今後も尚危険な状態ではありますが、ひとまず元通りの状態とさせて頂きました。

90度回転して重心を保ったまま柱に乗っている笠石↓


破損してしまった額石↓


据付補修した鳥居↓


2016-09-18 22:20:48

コメント(0)

熊本地震における、被災墓石の修繕工事 ~八代郡~

八代郡氷川町にて、熊本地震における被災墓石の修繕工事を行わせて頂きました。

倒壊していたのは、墓誌と右側手摺り石で、最上部の仏石はズレだけで何とか倒壊を免れていましたので被害は比較的軽度だったと思います。

倒壊して割れてしまった手摺り石は、新規に製作し再施工しました。

施工は、耐震ボンドを十分装填し、出来る限りの耐震施工をさせて頂き、黒御影石には施工不良の撥水剤らしきものの刷毛跡が全面に浮き出ていましたので、全て研磨除去し、再度専用ガラスコーティング剤を全面施工させて頂きました。

震災による修繕工事とはいえ、せっかく施工するので依然の状態よりもより良い仕上げとなるよう精一杯の誠意でお応えさせて頂いています。









2016-09-18 21:03:36

コメント(0)

熊本地震における、被災墓石の修繕工事 ~熊本市~

熊本市南区にて、熊本地震における、被災墓石の修繕工事を行わせて頂きました。

震災後、県内各地で墓石のみならず地震による倒壊やズレが起きています。
依頼を受けた修繕工事を1件づつ確実に行っております。

今回は、倒壊・破損した墓石を撤去後、工場に持ち帰り再加工し破損箇所を修復して新たなデザインの墓石として据付施工させて頂きました。

更に、今回は墓石用の〈強力耐震金具〉を使用。
真空と強靭なワイヤーの力で、仏石(最上部)の離脱・倒壊をしにくくしました。

[被災倒壊した墓石]







[工場にて再加工]





[修復不可部材を取り外して再据え付け]





[墓石用ステンレス耐震ダンパー]







 

2016-09-18 19:55:35

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1