石とともに80余年・・・ 熊本県上天草市の石材店-天草石匠会 加盟店
天草石材工業 年中無休 メールフォームでの お問い合わせはこちら
HOME 会社概要 お墓ができるまで 製品案内 お問い合わせ

 


「いいね」お待ちしております!

天草石材工業  公式facebookページ

フォロワー募集中!

 
天草石匠会
HOME»  ブログ記事一覧»  お墓と日本の法律

お墓と日本の法律

  • 件 (全件)
  • 1

お墓と日本の法律~Q,お墓を生前に購入すると節税になると聞きましたがどういうこと?~

【お墓と日本の法律について、ご紹介したいと思います。】

 Q,お墓を生前に購入すると節税になると聞きましたがどういうこと?


相続税は、親族などが亡くなったことにより財産を前の代から受け継いだ場合や遺言により財産をもらった場合に発生する税金です。

相続税の課税対象財産となる財産には現金・預貯金・不動産・有価証券など原則として全てのものが含まれます。

ただし、墓地や墓石・仏壇や仏像などの仏具は相続税の「非課税財産」とされています。

したがって、例えば300万円の現金がある場合、その現金は相続税の課税対象ですが、生前に300万円のお墓や仏具を購入すれば課税財産が非課税財産になり、相続税の節税になるわけです。

ただし、仏像などを骨董品(美術品)として所有している場合や投資目的としている場合は非課税にはなりません。

2015-01-29 07:30:30

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1